チャンピックスで禁煙できる理由

チャンピックスが禁煙に有効な理由は、バレニクリン酒石酸塩という成分にあります。

そもそもタバコが止められない理由は、ニコチンの中毒性にあります。タバコを吸うと、ニコチンは体内へと入り、ニコチン受容体が多数存在する脳へと届きます。そして、ニコチン受容体に結合することで、快感の元である神経伝達物質ドーパミンを発生させるのです。喫煙の中毒性の理由がここにあり、脳にとって習慣になってしまったニコチンの摂取を止めるのは非常に難しいとされていました。長期間タバコを吸わないでいることで、脳はニコチン受容体の数を減らし、その結果次第にタバコへの欲求が和らいでいき、吸う必要がなくなると言われています。そこまで辿り着くことで初めて、禁煙に成功したと言えますが、その道のりは喫煙者にとって、きつく長いものであり、強い意志だけで乗り越えていくのは困難です。

ガムやパッチ等、禁煙中のタバコへの渇望を緩和する禁煙商品はこれまでにも多くありました。しかし、そうした製品の多くがニコチンそのものを含んでいました。そのため、使用によって禁煙の苦しみを幾らか軽減することは出来ましたが、ニコチンへの依存性はそのまま残ってしまう事がほとんどであり、脳がニコチンを求め続けている状態に変化は無いため、使用を停止すると再びタバコを吸い始めてしまうことが多くありました。

チャンピックスにはニコチンは含まれていません。チャンピックスに含まれる成分であるバレニクリン酒石酸塩は、その構造がニコチンに似ているため、ニコチン受容体へと結合することが可能です。そして、同様にドーパミンを発生させますが、その量はニコチンの約3分の1と報告されています。これにより、禁煙中のタバコへの欲求を抑えることが可能になるのです。ニコチンと似た構造を持ちながらも、全く異なる物質でドーパミンを発生させるため、タバコへの欲求を軽減しながら、ニコチンへの依存から離れていくことが出来るのです。

つまり、チャンピックスは脳のニコチンへの依存そのものを軽減させていくことが可能であり、その後使用を止めた場合にも、脳が再びニコチンを求めてしまう事を防ぐことが出来るのです。また、それだけでなく、「禁煙中なのについ一服してしまった」という際に、タバコの美味しさを感じにくくする効果もあります。ニコチン受容体が別の物質と結合しているため、脳にやってきたニコチンがドーパミンを発生させることが出来ないからです。

ページトップへ