チャンピックスで禁煙、肺は綺麗になるのか

部屋でたばこを吸うと言うのは喫煙者にとっては嬉しい話なのですが、部屋でたばこを吸うと壁紙にヤニが付着してしまい、茶色くなってしまい、部屋の中が汚れる事になります。

また、一人暮らしの人は別にしても、家族がいる場合は、部屋でたばこを吸う事で家族も肺がんなどのリスクを高める結果に繋がると言われているのです。

喫煙者が吐き出す煙には有害な物質が含まれる副流煙として部屋の中を漂う事になります。
この煙を吸う事を受動喫煙と言うのですが、喫煙をしない家族が副流煙を吸い込み、受動喫煙を行う事で肺がんのリスクを高めてしまうのです。
そのため、部屋でたばこを吸わないと言う人も増えていますし、禁煙を実施しようを試みる人も多くなっているのです。

因みに、禁煙をする事で肺は綺麗になるのか、それともそのままの状態になるのでしょうか。
禁煙をする事で肺は綺麗になるのか、真っ黒な肺の写真を見た人などは、肺は綺麗になるのか、綺麗になるのなら禁煙をしようと考える人も多いものです。
非喫煙者と喫煙者の肺を比較すれば一目瞭然なわけですが、喫煙を始める前の状態には完全には戻らないものの、再生機能により禁煙を開始した時と比較をすると綺麗になると言います。

チャンピックスは禁煙補助剤と呼ばれている医薬品で、チャンピックスを服用する事でドーパミンを微量に発生させ、ニコチン依存を低減してくれる効果を持ちます。
但し、チャンピックスは肺を綺麗にするための医薬品ではなく、煙草に含まれるニコチンが快感物質となるドーパミンを放出させるのと同じような作用をもたらせて、ニコチンに対する依存度を引き下げる効果を持ち、12週間の服用を続けることで禁煙を成功させる目的で利用する禁煙補助剤です。

ページトップへ