チャンピックスの主成分バレニクリンによる医学的変化

 禁煙補助剤として有名なチャンピックスは、脳の神経に医学的変化を起こすことで喫煙衝動を抑制します。チャンピックスの主成分はバレニクリンという物質ですが、この物質が喫煙によって異常な状態になった脳を少しずつ元に戻していくのです。
 喫煙者の脳と非喫煙者の脳の違いとして、ドーパミン神経系の感度があります。ドーパミン神経系は快感をつかさどる脳内神経であり、タバコに含まれるニコチンはこの神経を刺激することで、一時的に気分を良くしてくれます。しかしずっとタバコを吸っていると、繰り返される刺激によってドーパミン神経の感度が低くなり、常にニコチンによる刺激がないと気分が悪くなってきます。つまり、吸っている状態が普通になってしまうということです。なかなかタバコが止められないのは、このような脳内の医学的変化によるものなのです。
 チャンピックスはこの状態を治す薬です。主成分のバレニクリンはドーパミン神経系を長期間穏やかに刺激し、さらにニコチンによるドーパミン神経系への刺激を止めます。これにより、禁煙してもニコチン切れによる不快感を感じず、またタバコを吸っても快感が得られなくなります。これによってタバコを吸う意味がなくなるので、吸いたいという衝動に悩まされることなく禁煙が出来るわけです。そして禁煙を続けていればそのうち、ニコチンの刺激によって鈍くなったドーパミン神経系の感度が元に戻ってきます。つまり喫煙が常習化するときとは、逆方向の医学的変化が起こるわけです。ドーパミン神経系が元に戻れば、禁煙の完了です。
 なおタバコに変わってチャンピックスに依存することを心配する方もいるかもしれませんが、バレニクリンはニコチンに比べれば依存性はないに等しい物質なので、そのような懸念は無用です。

ページトップへ