ニコチンリキッドよりチャンピックス!禁煙外来の友愛会

たばこがなかなかやめられないのは、ニコチンに依存してしまうからです。
体に入ったニコチンは脳の中にある受容体に結合し、脳からの指令によってドーパミンが分泌されます。ドーパミンは快感物質なので、喫煙した人はたばこはおいしいと感じるようになります。体内のニコチンは時間が経つと減っていき、たばこを吸わないと受容体を満たすニコチンが足りなくなってきます。するとドーパミンが放出されないので不快感が高まり、脳はたばこを吸いたいという指令を出してしまうのがニコチンの禁断症状で、自分だけの努力ではなかなか禁煙に成功しないメカニズムです。禁煙を成功させるためにはこの禁断症状を乗り越えなくてはなりません。
禁煙を補助するアイテムのひとつに、ニコチンリキッドを充填して使う電子たばこがあります。ニコチンの量はふつうのたばこよりも微量ですが、受容体に結合してドーパミンを分泌させる働きがあるので、たばこ代わりにニコチンリキッドを使うことで強い禁断症状を避けることが可能とされています。
また、友愛会など外来で禁煙治療を行なうクリニックも増えてきています。禁煙外来では、皮膚から微量のニコチンを体内に補充することで禁断症状を乗り越える医療用のニコチンパッチやニコチンを含まない飲み薬を使って禁煙を支援する治療を行ないます。
ニコチン成分を含まない禁煙治療の医薬品のひとつに、チャンピックスという飲み薬があります。チャンピックスには、ニコチンの代わりに脳の受容体に結合してドーパミンを分泌させる作用のある成分が含まれています。ニコチンを全く含まないので依存症を起こさないのがニコチンリキッドとの大きな違いです。
友愛会の禁煙外来でも、安全なチャンピックスを使って禁煙を補助しています。チャンピックスを使った禁煙治療は一定期間継続する必要があり、友愛会でも12週間を基本にしたプログラムで医師のサポートが受けられます。

ページトップへ