経口補助薬チャンピックスを使う禁煙外来、加古川外来

禁煙外来のあるクリニックがたくさん登場しています。禁煙外来というのは、自力ではなかなか難しい禁煙を医師がサポートする治療を行う外来です。加古川外来にも、こうした禁煙外来をおいている病院があります。
自分だけの頑張りではなかなかたばこが止められないのにはメカニズムがあります。それは、たばこに含まれるニコチンの神経毒性によって起こる強い禁断症状です。
喫煙で体内に入ったニコチンは脳の決まった受容体にくっつき、結合すると脳からの指令によってドーパミンがたくさん出されます。ドーパミンは快感物質のひとつで、分泌するといい気分になるため喫煙者にはたばこはおいしい・いい気分になるという図式が成立することになります。
ここでたばこを吸うのを止めると、体内では当然ニコチンが不足します。すると快感物質のドーパミンも分泌されませんのでイライラなどの不快感を感じ、同時に脳は喫煙の指令を出したばこに手が出ることになります。これがニコチンの神経毒性の特徴で、いわゆる禁断症状です。
そこで加古川外来などの禁煙治療では、医療用のニコチンパッチなどを使って体内に少量のニコチンを補充することで禁断症状を抑えながらたばこをやめる方法を治療のひとつとして導入しています。また、ニコチンを全く含まないチャンピックスなどの経口補助薬を使って禁煙のサポートをすることもあります。
経口補助薬のチャンピックスには、ニコチン同様に脳の受容体に結合してドーパミンの分泌をも促す作用のある成分が配合されています。このため、たばこやパッチで体内にニコチンを入れなくても禁断症状を抑えることができるのが経口補助薬チャンピックスの効能です。
加古川外来でも、チャンピックスを使った禁煙支援をしています。

ページトップへ